コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志波彦神社 シワヒコジンジャ

デジタル大辞泉の解説

しわひこ‐じんじゃ〔しはひこ‐〕【志波彦神社】

宮城県塩竈(しおがま)市にある神社。祭神は志波彦神。もと宮城郡岩切村にあったが、明治7年(1874)塩竈神社の境内へ移した。→塩竈神社

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

志波彦神社【しわひこじんじゃ】

宮城県塩竈市一森山に鎮座。旧国幣中社。志波彦神をまつる。祭神はこの地方開発の祖神延喜式名神大社に比定される。もと宮城郡岩切村にあったのを,1874年塩竈(しおがま)神社社地に移し,1938年同社の隣に社地を設け,社殿を建設。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

志波彦(しわひこ)神社

宮城県塩竈市にある神社。創祀不明。祭神は志波彦大神。1874年に鹽竈神社の別宮本殿に遷祀。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志波彦神社
しわひこじんじゃ

宮城県塩竈(しおがま)市一森山に鎮座。志波彦神(しわひこのかみ)を祀(まつ)る。創祀(そうし)年代不詳。859年(貞観1)従(じゅ)四位下、『延喜式(えんぎしき)』では名神(みょうじん)大社に列せられた。旧社地は仙台市宮城野区岩切の冠川(かむりがわ)畔にあったが、中世以降衰微、冠川明神として小祠(しょうし)を残すにすぎなかった。1871年(明治4)国幣中社に列格、74年塩竈神社別宮殿内に奉遷した。1938年(昭和13)に至り塩竈神社境内の現社地に社殿竣功(しゅんこう)し遷座。例祭は3月29日。[高橋美由紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の志波彦神社の言及

【塩竈神社】より

…このとき大崎八幡神社もともに竣功しており,おそらくこれに劣らぬ華麗を誇っていたと思われるが,この社殿は火災にあい,現社殿は4代綱村をうけて5代吉村の1704年(宝永1)成ったもの。志波彦神社を合祀,市内には御釜社がある。【高橋 富雄】。…

※「志波彦神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

志波彦神社の関連キーワード宮城県塩竈市一森山宮城県塩竈市芳賀真咲

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

志波彦神社の関連情報