芸は身を助ける(読み)げいはみをたすける

ことわざを知る辞典「芸は身を助ける」の解説

芸は身を助ける

に付けた技芸があれば、いざというときに生計の支えになって助かる。趣味などで習得したが、暮らしに困った時には生活を支える一助となる。

[使用例] 「――芸は身を助けるいうこと、あんた知らんのんか。こやって、ちゃんと三味をおせとけば、この子が大きなって、いざと言うときに……」「……芸者かヤトナになれる言うのか。阿呆! あんぽんたん」[織田作之助わが町|1942]

[解説] 江戸いろはかるたの「け」ので広く知られています。逆に、「芸は身の」ともいい、また「芸が身を助けるほどの不仕合わせ」ともいいます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「芸は身を助ける」の解説

げい【芸】 は 身(み)を助(たす)ける

一つの技芸にすぐれていると、困窮した時など、それが生計のもとでになる。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※水と宝石(1959)〈有吉佐和子〉「宝石いじりの芸が身を助けて、敗戦前後も、物にも金にも困らない生活を通すことができた政代であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「芸は身を助ける」の解説

げいたすける

一芸にすぐれていると、困窮したときにそれが生計の助けになる。芸は身を助く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android