コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽紫蘇

2件 の用語解説(芽紫蘇の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

芽紫蘇

東京都足立区、大阪府などで生産されるシソ。「むらめ」とも言う。刺身のツマなどに用いる、赤紫蘇の若芽。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

めじそ【芽紫蘇】

しその若い芽。刺身のつまや薬味、吸い口などにする。青芽紫芽(むらめ)がある。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

芽紫蘇の関連キーワードむらめ東京都足立区足立東京都足立区伊興東京都足立区扇東京都足立区大谷田東京都足立区加賀東京都足立区島根東京都足立区千住東京都足立区椿東京都足立区花畑

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

芽紫蘇の関連情報