コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽紫蘇

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

芽紫蘇[葉茎菜類]
めじそ

近畿地方、大阪府の地域ブランド
主に大阪市などで生産されている。青芽と赤芽がある。明治時代初期、大阪市北区源八付近で栽培がさかんだったため、芽紫蘇などの芽物が源八ものと呼ばれるようになった。なにわの伝統野菜

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android