コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芽紫蘇

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

めじそ【芽紫蘇】

しその若い芽。刺身のつま薬味吸い口などにする。青芽紫芽(むらめ)がある。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

芽紫蘇[葉茎菜類]
めじそ

近畿地方、大阪府の地域ブランド
主に大阪市などで生産されている。青芽と赤芽がある。明治時代初期、大阪市北区源八付近で栽培がさかんだったため、芽紫蘇などの芽物が源八ものと呼ばれるようになった。なにわの伝統野菜

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

芽紫蘇の関連キーワード東京都足立区近畿地方

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android