コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英太郎 はなぶさ たろう

美術人名辞典の解説

英太郎

新派俳優。京都生。本名上田英太郎、俳名は寸魚。成美団秋月桂太郎入団、英太郎と名乗り「金色夜叉」の茶屋娘で初舞台、のち喜多村緑郎門下に移り、「湖畔に家」で注目される。東京・関西の新派に出演し新派大合同により東京の本流新派を経て劇団新派に至る。当り役は「仮名屋小梅」「明治一代女」「遊女夕霧」等。昭和29年(1954)芸術選奨受賞。昭和47年(1972)歿、88才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英太郎 はなぶさ-たろう

1885-1972 明治-昭和時代の舞台俳優。
明治18年11月19日生まれ。35年成美(せいび)団の秋月桂太郎(けいたろう)の門下となり,初代英太郎を名のる。新派ひとすじの脇役の女方として活躍。当たり役は「遊女夕霧」の円玉女房,「明治一代女」の秀吉(ひできち)など。昭和47年4月3日死去。86歳。京都出身。大阪高商卒。本名は上田英太郎。俳名は寸魚。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の英太郎の言及

【新派】より

…他の各座もしばらく雌伏期にあったが,1902年になり,歌舞伎界で団菊左の名優があいついで没すると,〈新派〉は一挙に全盛期をむかえることになった。04年から明治末まで数年間,《想夫恋》《高野聖》《乳姉妹(ちきようだい)》《己が罪》《俠艶録(きようえんろく)》《通夜物語》《婦系図》など,尾崎紅葉,泉鏡花,菊池幽芳,渡辺霞亭らの新聞小説の劇化と,畠山古瓶(こへい),花房柳外,田口掬汀(きくてい),小栗風葉,柳川春葉,小島孤舟,佐藤紅緑らの作者が脚本を書き,俳優としては井上正夫,福島清,村田正雄,山崎長之輔,英太郎,木下吉之助,山田九州男,藤村秀夫らが輩出した。全盛期には松竹によって〈本郷座〉でしばしば新派大合同公演がもたれ,そこは〈新派のメッカ〉といわれた。…

※「英太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

英太郎の関連キーワード新・平家物語 義仲をめぐる三人の女河原崎国太郎(5世)大岡越前〈第12部〉英 太郎(1代目)大岡越前〈第5部〉江戸を斬る〈4〉江戸を斬る〈3〉江戸を斬る〈5〉江戸を斬る〈7〉江戸を斬る〈2〉英 太郎(初代)江戸を斬る〈6〉山梨県甲府市湯村喜劇 駅前百年大江戸五人男或る夜の殿様新・平家物語五番町夕霧楼祇園の姉妹江戸を斬る

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

英太郎の関連情報