コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

英祖王 えいそおう

1件 の用語解説(英祖王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

英祖王 えいそおう

1229-1299 琉球の王。英祖王統初代。在位1260-99。
舜天(しゅんてん)王43年生まれ。浦添按司(あじ)(領主)恵祖の子。舜天王統の義本(ぎほん)王から王位禅譲をうける。農業生産をたかめ,貢租体系を確立,周辺の島々に入貢をうながす。琉球にはじめて仏教をつたえた僧禅鑑に帰依(きえ)し,浦添に極楽寺を建立(こんりゅう)した。英祖王40年8月5日死去。71歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

英祖王の関連キーワード英慈王音智殿茂金義本王西威王察度王尚円王尚思紹王尚徳王大成王玉城王

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone