コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山虎谷遺跡 もさんここくいせきMusanhokok‐yujŏk

世界大百科事典 第2版の解説

もさんここくいせき【茂山虎谷遺跡 Musanhokok‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道茂山郡茂山邑にあって,豆満江上流域の河岸に立地する,朝鮮半島北東部を代表する先史時代遺跡の一つ。1959‐61年に発掘調査が行われ,1380m2の範囲内に櫛目文土器(新石器)時代から原三国時代(鉄器時代初期)にわたる竪穴式住居跡51基と,無文土器時代の箱式石棺墓2基が検出された。住居跡は,その構造と遺物から,およそ六つの時期に分けられる。第I期は,櫛目文土器時代末期に属し,検出された10基の住居跡はいずれも方形もしくは長方形の小型であり,櫛目文土器や石器,骨器を出土した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報