コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茂山虎谷遺跡 もさんここくいせき Musanhokok‐yujŏk

1件 の用語解説(茂山虎谷遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もさんここくいせき【茂山虎谷遺跡 Musanhokok‐yujŏk】

朝鮮民主主義人民共和国,咸鏡北道茂山郡茂山邑にあって,豆満江上流域の河岸に立地する,朝鮮半島北東部を代表する先史時代遺跡の一つ。1959‐61年に発掘調査が行われ,1380m2の範囲内に櫛目文土器(新石器)時代から原三国時代(鉄器時代初期)にわたる竪穴式住居跡51基と,無文土器時代の箱式石棺墓2基が検出された。住居跡は,その構造と遺物から,およそ六つの時期に分けられる。第I期は,櫛目文土器時代末期に属し,検出された10基の住居跡はいずれも方形もしくは長方形の小型であり,櫛目文土器や石器,骨器を出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茂山虎谷遺跡の関連キーワード咸鏡北道北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国雲山金策人民民主主義冠帽峰脱北北韓舞水端里

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone