茨木ルイス(読み)いばらぎ ルイス

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茨木ルイス いばらぎ-ルイス

1585-1597* 織豊時代のキリシタン。
天正(てんしょう)13年生まれ。茨木パウロの甥(おい)。尾張(おわり)(愛知県)の人。慶長元年京都で受洗し,フランシスコ会の教会や病院ではたらく。豊臣秀吉のキリシタン弾圧で,茨木パウロ,ペドロ=バウチスタらとともに捕らえられ,同年12月19日長崎で殉教。12歳。二十六聖人の最年少者。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android