コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨木重謙 いばらき しげかね

2件 の用語解説(茨木重謙の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

茨木重謙 いばらき-しげかね

1767-1816 江戸時代中期-後期の武士。
明和4年生まれ。伊勢(いせ)津藩士。勘定頭(かんじょうがしら)役をへて,寛政2年郡(こおり)奉行となる。藩財政強化策を強行したため寛政8年一揆(いっき)がおこり,知行・屋敷を没収された。蟄居(ちっきょ)先から放浪の旅に出,文化9年召還されて旧禄に復した。文化13年死去。50歳。通称は理兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茨木重謙
いばらぎしげかね
(1767―1816)

江戸後期の津(つ)藩郡奉行(こおりぶぎょう)。1783年(天明3)17歳で300石の家禄(かろく)を継ぎ大小姓(おおごしょう)加役に入る。江戸藩邸にも勤めたが、89年(寛政1)勘定頭(かんじょうがしら)役、翌年24歳で郡奉行になる。藩主に信頼されて寛政(かんせい)期の藩政改革を支え、国益増大のための殖産政策と本百姓経営を復興させるための種々の農政に取り組んだ。雲林院(うじい)用水井堰(いぜき)改造ではのちに神に祀(まつ)られるほど功績をたたえられたが、貸借無期延期や均田などの政策を強行しようとして農民に反発され、96年の百姓一揆(いっき)で失脚した。その後蟄居(ちっきょ)中の親類方から立ち退き、名を変えて放浪したが、1812年(文化9)原禄で召還された。[深谷克己]
『『津市史 第3巻』(1936・津市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

茨木重謙の関連キーワード大堀正輔羅城荒木維岳狩野永俊国包(11代)交寛美三鍼高橋新五郎(初代)樗雲土肥鹿鳴

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone