草履取(読み)ぞうりとり

精選版 日本国語大辞典「草履取」の解説

ぞうり‐とり ザウリ‥【草履取】

〘名〙
武家などに仕えて、主人の草履を持ってをした下僕。ぞうりもち。じょうりもち。じょうりとり。
※甲陽軍鑑(17C初)品一一「勘介は牢人にて、草履取(ザウリトリ)さへ一人つれねば」
※洒落本・当世風俗通(1773)極上之息子風「履僕(ゾウリトリ)紺の袷かんばん、丈をなかくして是をおっかけはしおりにさせ」
② 江戸時代、武士の間に男色の流行したころ、①の名目で武家などに仕えた若小草履取(こぞうりとり)
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「炉路の松陰腰かけの上 草履取まねきよせつつ衆道して〈悦春〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android