草紫陽花(読み)クサアジサイ

精選版 日本国語大辞典の解説

くさ‐あじさい ‥あぢさゐ【草紫陽花】

〘名〙 ユキノシタ科の多年草。本州の関東以西、四国、九州の山地に生える。茎は直立して高さ三〇~七〇センチメートルになる。葉は柄があり互生し、長さ一〇~二〇センチメートルの長楕円形で縁にはあらい鋸歯(きょし)がある。夏、茎頂に小枝を分岐し、アジサイに似た五弁の淡紅紫色または白色の小花を密集してつけ周囲には三つの萼片(がくへん)からなる中性花を開く。くさがく。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android