コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

額紫陽花(読み)ガクアジサイ

デジタル大辞泉の解説

がく‐あじさい〔‐あぢさゐ〕【額紫花】

ユキノシタ科の落葉低木。暖地の海岸近くに自生。葉は卵形。夏、枝先に花が集まって咲く。紫色または白色の萼(がく)からなる装飾花に囲まれて、中央に多数小さい両性花があり、両性花は結実する。アジサイ原種。庭木とされる。がくのはな。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がくあじさい【額紫陽花】

ユキノシタ科の落葉低木。アジサイの原種で暖地の海岸の斜面に自生する。高さ約2メートル。葉は対生し、卵形で厚い。六、七月頃枝先に大形の散房花序をつける。花序の周囲に四、五枚の萼片から成る淡紫色の方形の装飾花があり、額縁がくぶちに見立てる。中央の両性花は目立たず一見蕾つぼみに見える。がくそう。がくのはな。がくばな。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

額紫陽花の関連情報