コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草葦 クサヨシ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐よし【草×葦】

イネ科の多年草。湿地に群生し、高さ約1.5メートル。初夏、紫色の小花を穂状につける。 夏》「―や水の中にも野のひかり/朱鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くさよし【草葦】

イネ科の多年草。水辺にまばらに群生。茎は高さ1メートル 内外で、緑白色をした広線形の葉を互生する。初夏、茎頂に円錐状に多数の小穂をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

草葦 (クサヨシ)

学名:Phalaris arundinacea
植物。イネ科の多年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

草葦の関連キーワード鵜鳥神社クサヨシ茎頂内外水辺小穂