コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川秀種 あらかわ ひでたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒川秀種 あらかわ-ひでたね

1827-1882 幕末-明治時代の武士,神職。
文政10年4月16日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。平田篤胤(あつたね)に国学を,吉川(きっかわ)忠行に洋式兵法,銃砲製造をまなぶ。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍の遊撃隊隊長としてたたかう。維新後は古四王神社などの祠官をつとめた。明治15年2月17日死去。56歳。通称は久太郎。号は稜屋。著作に「遊撃隊軍中日記抄」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒川秀種の関連キーワード荒川久太郎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android