コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒川重平 あらかわ じゅうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒川重平 あらかわ-じゅうへい

1851-1933 明治-昭和時代前期の数学者,教育者。
嘉永(かえい)4年生まれ。明治4年海軍兵学寮教官となる。東京数学会社の会員として,訳語の統一や洋算の普及に尽力。12年日本最初の横書きの数学書「幾何問題解式」を中川将行(まさゆき)と共訳で出版した。昭和8年12月25日死去。83歳。沼津兵学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

荒川重平

没年:昭和8.12.25(1933)
生年:嘉永4(1851)
明治大正期の数学者,教育者。中川将行とは沼津兵学校で同期。ふたりはのちに海軍兵学寮に入学しようとしたが,入試時期を逸したため沼津兵学校教授であった赤松則良口添えで明治4(1871)年兵学寮の教官となった。人材が払底していた時代で,このような事態も生じたのである。数学者としての荒川は中川と協調行動をとっており,東京数学会社内では数学の啓蒙活動に積極的であった。日本で初の横書きの数学書『幾何問題解式』(1879)は中川との共著。ほかにも多くの教科書を著し,海軍の数学教育に貢献。

(佐藤賢一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

荒川重平の関連キーワード斎藤寅次郎五所平之助清水宏成瀬巳喜男稲垣浩小津安二郎大恐慌ルロイ伊藤大輔山中貞雄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android