コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東京数学会社 とうきょうすうがくかいしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

とうきょうすうがくかいしゃ【東京数学会社】

日本で最初に設立された学会で,日本数学会の前身。1877年9月,神田孝平(たかひら)の提案により日本中の数学者が一堂に会して発足した学会である。初代の総代は神田孝平と柳楢悦(ならよし)で,後に岡本則録(のりふみ)が社長となる。77年11月から機関誌《東京数学会社雑誌》を刊行する。第1号は横11cm,縦16.5cm,袋とじ36ページという小雑誌であったが,これが日本最初の学会誌である。第36号から大型の雑誌となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京数学会社
とうきょうすうがくがいしゃ

数学の学会名。1877年(明治10)9月に創設された日本で最初の学会である。当時の和算家・洋算家など数学関係者をほとんど含み、初代の総代は神田孝平(たかひら)と柳楢悦(ならよし)、会員は110余名で赤松則良(のりよし)、菊池大麓(だいろく)らもいた。機関誌『東京数学会社雑誌』を発行したが、初めは原論文は少なかった。84年には物理学者も加えて東京数学物理学会となり、菊池大麓が会長を務めたが、このとき和算関係者の多くが会を脱退、彼らは87年に数学協会を結成し『数学協会雑誌』を発行した。大学関係者が中心となった東京数学物理学会はその後日本数学物理学会と改称、1946年(昭和21)に日本数学会と日本物理学会とに分離した。[大矢真一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

東京数学会社の関連キーワード神田孝平(かんだたかひら)日本科学史(年表)日本物理学会岡本 則録赤松 則良遠藤 利貞荒川 重平アカデミー日本科学史岩田好算遠藤利貞川北朝鄰中川将行荒川重平菊池大麓上野清

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android