コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒巻利蔭 あらまき としかげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荒巻利蔭 あらまき-としかげ

1836-1913 幕末-明治時代の歌人,音楽家。
天保(てんぽう)7年5月生まれ。本居内遠(もとおり-うちとお)の次男。本居豊穎(とよかい)の弟。紀伊(きい)和歌山藩士。黒田利章の養子となり,のち荒巻姓を名のる。和歌のほかに歌曲,小鼓・大鼓,能笛にたくみで,茶道,花道などにも長じていた。大正2年5月死去。78歳。初名は安蔭。通称は小次郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荒巻利蔭の関連キーワード牧野省三ビュヒナー(Karl Georg Büchner)カフカセネット[各個指定]芸能部門マッキム・ミード&ホワイトデトリングチームⅩネグリチュードバルカン戦争

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android