コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本居豊穎 モトオリトヨカイ

デジタル大辞泉の解説

もとおり‐とよかい〔もとをりとよかひ〕【本居豊穎】

[1834~1913]国学者歌人内遠の長男で、宣長曽孫にあたる。紀州侯に仕え、明治維新後は神道界で活動。著「古今集講義」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本居豊穎 もとおり-とよかい

1834-1913 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)5年4月28日生まれ。本居内遠(うちとお)の長男。紀伊(きい)和歌山藩国学教授。維新後は東京の神田神社祠官となり,また東京大学講師,高等師範・女子高等師範教授として古典を講義した。明治29年東宮侍講。大正2年2月15日死去。80歳。紀伊和歌山出身。号は秋屋(あきのや)。著作に「古今和歌集講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もとおりとよかい【本居豊穎】

1834‐1913(天保5‐大正2)
幕末・近代の国学者,歌人。通称中衛。秋屋(あきのや)と号した。宣長の曾孫。若くして父内遠に死別,母藤子の激励もあって紀州藩の古学館教授となる。維新後は神祇官,教部省などの官職を歴任,のち東宮侍講に任じた。また東京帝大や国学院の講師を兼ねながら,大八洲(おおやしま)学会を主宰,国学と和歌の振興に尽力した。《古今集講義》などの著書のほか,歌文集《秋屋集》や祭詞集《諄辞集》がある。【鈴木 淳】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

本居豊穎の関連キーワード本居 長世武藤 元信三上一彦田所千秋荒巻利蔭大正天皇横井時冬明治時代金子豊雄深江遠広河内荻子小杉榲邨黒田長知水茎盤樟上月豊蔭武井守正本居

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android