コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘園集落 しょうえんしゅうらく

2件 の用語解説(荘園集落の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荘園集落
しょうえんしゅうらく

平安時代中期頃から室町時代の間に,荘園を中心として発達した集落。荘園は「別荘たる田園」の意味で,この時代の貴族や大寺院などが本宅以外の地に土地や建物を所有したことに由来する。ここに墾田 (こんでん) を開き,自分の領分として経済的基礎を拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しょうえんしゅうらく【荘園集落】

平安から室町時代にかけて、扇状地や氾濫原などに荘園を中心に開拓された集落。領家・別府・別所・新荘などの地名はその名残。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荘園集落の関連キーワード散所勅撰和歌集滝谷寺王朝時代祈年穀奉幣講田神訴古信楽意雲小馬命婦(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone