コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘家/庄家(読み)ショウカ

世界大百科事典内の荘家/庄家の言及

【荘園】より

…9世紀に入ると東国まで含む諸国に勅旨田が活発に設定され,大宰府も公営田(くえいでん)の方式を採用するが,その経営は初期荘園と共通するものがあった。私出挙(しすいこ)(出挙)や営田を通して富裕になった人々――〈富豪の輩〉(富豪層)はこうした経営を支え,貧窮の百姓の調庸を代納する一方,高位の貴族と結びついてみずからの私宅を荘家(しようけ)と称し,稲穀を蓄え,貴族の派遣する使,検校,専当(あずかり)などとともに営田,出挙を行い,しだいに国司に従わなくなった。こうして班田制を基本とする律令制の土地制度は大きな改革を余儀なくされることとなる。…

※「荘家/庄家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android