長生殿(読み)ちょうせいでん(英語表記)Chang-sheng-dian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「長生殿」の解説

長生殿
ちょうせいでん
Chang-sheng-dian

中国の長編戯曲。清の洪昇の作。 50幕。康煕 27 (1688) 年成立。玄宗楊貴妃故事主題としたもの。白居易の『長恨歌』,陳鴻の『長恨歌伝』,白仁甫の元曲『梧桐雨』など,この故事を扱った多くの先行作品をもととし,これを集大成して長編の戯曲としたもの。玄宗と楊貴妃の関係を純粋な愛情として描いた点が従来の作品と異なり,十余年を費やし,3度も稿を変えて成ったと伝えられる。音楽もすぐれ,清代第一の大作

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「長生殿」の解説

長生殿
(通称)
ちょうせいでん

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
小栗長生殿 など
初演
享保10.11(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「長生殿」の解説

ちょうせい‐でん チャウセイ‥【長生殿】

[1]
[一] 中国の唐代、現在の陝西省西安市東郊の驪山(りざん)にあった華清宮内の宮殿の名。
[二] 中国の清代の戯曲。五〇幕。洪昇(こうしょう)作。康熙二七年(一六八八)成立。白居易の「長恨歌」、陳鴻の「長恨歌伝」などに基づき唐の玄宗皇帝と楊貴妃の愛情物語を描いたもの。
[2] 〘名〙 干菓子の一種。江戸初期より伝わる御所落雁を紅白にうちわけ改良したもの。遠州流茶祖小堀遠州政一の命名。金沢市の名物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「長生殿」の解説

長生殿【ちょうせいでん】

中国,清代の戯文。洪昇(こうしょう)〔1659-1704〕の作。50幕。1679年(1688年とも)なる。《長恨歌》《梧桐雨》などにをとり,玄宗皇帝と楊貴妃の愛情を,楊家一門の栄華安禄山反乱など,唐王朝の興亡を背景に描く。文辞美麗なること清代随一の秀作とされ,《桃花扇》と称される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「長生殿」の解説

長生殿

石川県金沢市、森八が製造・販売する銘菓。富山産の糯米(もちごめ)、徳島産の和三盆糖を使用した長方形落雁。日本三大銘菓のひとつといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版「長生殿」の解説

ちょうせいでん【長生殿 Cháng shēng diàn】

中国,清代の戯文。洪昇(1659‐1704)の作。楊貴妃が唐の玄宗に寵愛されるに至る経緯から,安禄山の乱,馬嵬坡での死を描き,乱後,玄宗が法壇を設けて貴妃の霊を招き,道士が月宮に向かって仙橋を架け,玄宗を導いて貴妃と再会させる,という筋である。10余年の間に三たび稿をかえて成ったといわれ,孔尚任の《桃花扇》とともに,明初以来盛行してきた戯文の掉尾(とうび)を飾る作品である。【岩城 秀夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android