コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荘蹻 そうきょうZhuang Qiao; Chuang Ch`iao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

荘蹻
そうきょう
Zhuang Qiao; Chuang Ch`iao

中国,戦国時代の武将。荘豪ともいう。楚の頃襄王 20 (前 279) 年,四川貴州雲南方面を平定したが,まもなくが四川方面を攻略したため帰国できなくなり,雲南の (てん) 池 (昆明) で王となったという伝説がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうきょう【荘蹻 Zhuāng Qiāo】

中国,戦国楚の伝説的英雄。荘王の子孫という。威王(在位,前339‐前329)のとき,兵を率いて長江(揚子江)をさかのぼり,巴・蜀・黔中(けんちゆう)(四川省)から滇池(てんち)(雲南省昆明市付近)に至る地を楚の勢力下にいれた。ところが,ほどなく秦が南下して巴・蜀・黔中を奪ったために帰路を断たれ,そのまま滇の地で王になったという。しかし威王の時代と秦の侵攻とでは50年近い時差があり,伝説の域を出ない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の荘蹻の言及

【雲南[省]】より

…雲南はもともと少数民族の地であった。《史記》や《漢書》などでは,漢族は前330年楚の威王の派遣した荘蹻(そうきよう)が滇池付近を制圧したとき数千人入ったことが記されている。ただ,この時期や荘蹻の身分については検討の余地がある。…

※「荘蹻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android