コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荻津勝孝 おぎつ かつたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

荻津勝孝 おぎつ-かつたか

1746-1809 江戸時代中期-後期の画家。
延享3年生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。秋田蘭画画家のひとり。藩主佐竹義敦(よしあつ)がまねいた平賀源内から洋画の技法をつたえられたという。文化6年死去。64歳。通称は孫太郎。号は独元斎。作品に「荻津勝孝夫妻図」「秋田風俗絵巻」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

荻津勝孝の関連キーワードカルル13世フェリペベニョフスキー穴井六郎右衛門菅原伝授手習鑑カルル・フリードリヒコリンズ児童文学仙石久賢伊藤参行