コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅の根の スガノネノ

デジタル大辞泉の解説

すがのね‐の【×菅の根の】

[枕]
スゲの根は長く伸びて分かれ乱れるところから、「ながき」「乱る」にかかる。
「―長き春日(はるひ)を恋ひ渡るかも」〈・一九二一〉
「ね」の同音から、「ねもころ」にかかる。
「―ねもころ君が結びたるわが紐(ひも)の緒を」〈・二四七三〉
[補説]「根を絶つ」の意から「絶ゆ」を起こす序詞の一部にも用いられた。
「かきつはた佐紀沢に生ふる菅の根の絶ゆとや君が見えぬこのころ」〈・三〇五二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すがのねの【菅の根の】

( 枕詞 )
菅の根の形状から比喩的に、「乱る」「長し」「ねもころ」などにかかる。 「 -思ひ乱れて恋ひつつもあらむ/万葉集 679」 「 -長き春日を恋ひ渡るかも/万葉集 1921
音の類似から、「すがなし」にかかる。 「 -すがな、すがなきこえを我は聞く/催馬楽」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

菅の根のの関連キーワード杜若・燕子花中臣女郎かきつ万葉集催馬楽懇ろ補説序詞水陰

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android