コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅克復 かん こくふく

1件 の用語解説(菅克復の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅克復 かん-こくふく

1837-1913 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)8年6月23日生まれ。もと陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)藩士。宮城郡長,宮城県会議員などをつとめ,明治12年荒巻村三居沢(仙台市)に宮城紡績所をおこす。16年社長となり,21年工場内の水力を利用して東北地方で初の電灯をともした。大正2年2月20日死去。77歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅克復の関連キーワード光の科学史徳川文庫デトリングバルカン戦争マン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone