コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅克復 かん こくふく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅克復 かん-こくふく

1837-1913 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)8年6月23日生まれ。もと陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)藩士。宮城郡長,宮城県会議員などをつとめ,明治12年荒巻村三居沢(仙台市)に宮城紡績所をおこす。16年社長となり,21年工場内の水力を利用して東北地方で初の電灯をともした。大正2年2月20日死去。77歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

菅克復の関連キーワード明治時代実業家天保

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android