コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原卓 すがわら たかし

1件 の用語解説(菅原卓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原卓 すがわら-たかし

1903-1970 昭和時代の演出家。
明治36年1月15日生まれ。内村直也の兄。アメリカコロンビア大で演劇をまなぶ。岸田国士(くにお)に師事し,昭和7年雑誌「劇作」を創刊し,築地座文芸部員となる。「セールスマンの死」の演出を機に30年劇団民芸にはいる。「アンネの日記」などを演出。昭和45年5月3日死去。67歳。神奈川県出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の菅原卓の言及

【水谷八重子】より

…第2次大戦後に名女形が没していったのちは,創作劇のほかに女形ののこした明治以来の新派演目の女主人公の芸をも継承して,74年には《大尉の娘》の露子,《皇女和の宮》その他の〈八重子十種〉を自選している。大戦後の一時期には,新劇の演出家菅原卓(たかし)の指導で意欲的な企画をえらび,新派と新劇の中間を考えた近代劇の演目によっても注目された。戦後の新派をともに支えた花柳章太郎没後は,舞台の上の相手役に若い俳優を起用,死ぬまで若さと美しさを失わなかった。…

※「菅原卓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菅原卓の関連キーワード青山圭男内海重典佐々木孝丸高木史朗中村俊一中村哮夫八田元夫山本紫朗和田精鈴木裕美

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

菅原卓の関連情報