コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原南山 すがわら なんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原南山 すがわら-なんざん

1702-1782 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)15年生まれ。陸奥(むつ)仙台で遊佐木斎(ゆさ-ぼくさい)に,江戸で室鳩巣(むろ-きゅうそう)にまなび,仙台で私塾をひらく。巴調の俳号をもつ俳人でもあった。天明2年死去。81歳。陸奥栗原郡(宮城県)出身。名は茂実。字(あざな)は子英。通称は新内。著作に「拘幽操講義」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

菅原南山の関連キーワードフェイトウィリアム岩村藩アン女王ウィリアムアン戸田茂睡天明の飢饉石谷清昌ラーマ[1世]

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone