コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原玄同 すがわら げんどう

2件 の用語解説(菅原玄同の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原玄同 すがわら-げんどう

菅得庵(かん-とくあん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

すがわらげんどう【菅原玄同】

1581‐1628(天正9‐寛永5)
江戸初期の儒者。玄同は名。字は子徳,号は得庵。姓の菅原を中国風の一字姓に略して,菅(かん)と呼ばれることが多い。播磨の人。24歳のとき京都に出て,医学を修めるかたわら,藤原惺窩(せいか)に入門して儒学を学んだ。博学をもって聞こえ,林羅山,堀杏庵,那波活所松永尺五と並ぶ惺窩門の俊才と称される。1628年6月14日,門人の安田安昌に斬殺された。中江藤樹の伝えるところによれば,玄同は博学を誇るのみで人柄がよくなく,安昌を虐待したので,その恨みを買ったのであるという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菅原玄同の関連キーワード伊藤清長伊東長治お夏の方(1)覚悔高仁親王相馬利胤大道寺直重多胡真清日野輝子山田真竜軒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone