コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅原芳子 すがわらの ほうし

2件 の用語解説(菅原芳子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅原芳子 すがわらの-ほうし

974ごろ-1056ごろ 平安時代中期の女官。
天延2年ごろの生まれ。菅原輔正(すけまさ)の娘。敦成(あつひら)親王(後一条天皇)の乳母。長徳4年(998)掌侍となり,寛仁(かんにん)4年典侍,長元4年(1031)官を辞す。藤原頼忠の子藤原頼任(よりとう)の妻となり資任(すけとう)を生む。能書家として知られる。天喜(てんぎ)4年ごろ死去。83歳?通称は菅宰相,菅典侍。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅原芳子

没年:天喜4頃(1056)
生年:天延2頃(974)
平安中期の女官。後一条天皇の乳母,典侍。菅原輔正の娘。藤原頼任の妻で,資任を出産。長徳1(995)年ごろから長元4(1031)年に辞官するまで,長期間女官として勤務した。能筆で知られ,天喜4(1056)年には皇后歌合の清書を依頼されたが辞退している。<参考文献>萩谷朴『紫式部日記全注釈』上下

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅原芳子の関連キーワードごろごろ様千枝月頃小弐徳川五郎太西村善五郎(6代)西村善五郎(7代)西村善五郎(8代)西村善五郎(9代)野沢文五郎

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone