コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原頼忠 ふじわらのよりただ

5件 の用語解説(藤原頼忠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

藤原頼忠
ふじわらのよりただ

[生]延長2(924).京都
[没]永延3(989).6.26. 京都
平安時代中期の廷臣。実頼の次男。母は藤原時平の娘。公任や円融天皇の皇后遵子,花山天皇の女御あき子らの父。天禄2 (971) 年右大臣,同3年伊尹 (これただ) が没すると,あとをうけて氏長者となったが,天延2 (974) 年これをとめられて関白藤原兼通と代った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原頼忠 ふじわらの-よりただ

924-989 平安時代中期の公卿(くぎょう)。
延長2年生まれ。藤原実頼(さねより)の次男。母は藤原時平の娘。応和3年(963)参議。貞元(じょうげん)2年(977)左大臣となり,関白藤原兼通(かねみち)が弟兼家と不和だったため,同年兼通から関白をゆずられた。翌年太政大臣を兼務。円融天皇皇后となった娘遵子(じゅんし)に皇子が生まれず,外戚(がいせき)とはなれなかった。歌が「拾遺和歌集」以下の勅撰集に4首はいっている。永延3年6月26日死去。66歳。贈正一位。通称は三条殿。諡(おくりな)は廉義公。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原頼忠

没年:永祚1.6.26(989.7.31)
生年:延長2(924)
平安中期の公卿。三条太政大臣と称される。諡号は廉義公。従一位(贈正一位)。摂関実頼と左大臣時平の娘の次男。従兄弟の兼通,兼家兄弟の確執のはざまで政権を掌握した兼通により図らずも左大臣に据えられ,死去直前の兼通の推挙で貞元2(977)年には円融天皇の関白(氏長者)となった。天元1(978)年,太政大臣となったが,天皇に入れた娘遵子に皇子の誕生がなく,「よそ人」に終始した。そのため寛和2(986)年兼家が外孫一条天皇の即位で摂政となるにおよんで,9年間務めた関白の辞任を余儀なくされた。死の直前,子の公任の手で剃髪,受戒し,遺骸は京外東の帝釈寺に埋葬された。邸宅は平安京左京の三条殿と四条宮である。過度の倹約家であったらしい。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふじわらのよりただ【藤原頼忠】

924‐989(延長2‐永祚1)
平安中期の廷臣。父は実頼,母は藤原時平女。公任の父。963年(応和3)参議,以後中納言権大納言を経て971年(天禄2)右大臣,977年(貞元2)左大臣となった。同年弟藤原兼家と不和であった関白兼通は弟との対抗上,強引に外戚でない頼忠を後任に推挙して没した。このため関白となり,翌年太政大臣を兼ねた。女遵子は円融天皇の皇后となったが子に恵まれなかった。花山朝でも外戚でない関白をつとめたが,986年(寛和2)一条天皇即位とともに関白をやめ太政大臣のみを帯した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

藤原頼忠
ふじわらのよりただ
(924―989)

平安中期の公卿(くぎょう)。摂政(せっしょう)実頼(さねより)の二男。母は左大臣藤原時平(ときひら)の女(むすめ)。右大臣を経て円融(えんゆう)天皇の977年(貞元2)左大臣となる。この年の10月、死を前にした関白藤原兼通(かねみち)は、自分の死後、対立している弟の兼家(かねいえ)を関白にさせまいと、仲のよい従兄弟(いとこ)の頼忠に強引に関白を譲った。翌978年(天元1)太政(だいじょう)大臣となり、花山(かざん)朝でも関白を続けたが、986年(寛和2)一条天皇の即位で辞めた。永延(えいえん)3年6月26日没し、正一位を贈られ駿河(するが)国に封ぜられ、諡(おくりな)を廉義公(れんぎこう)という。三条に住み三条太政大臣とよばれた。[吉田早苗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原頼忠の関連キーワード藤原公季今出川兼季久我長通鷹司兼輔藤原実行藤原為光藤原信長藤原能長源雅実小一条太政大臣

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone