菅礼治(読み)すが れいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅礼治 すが-れいじ

1841-1912 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)12年生まれ。菅運吉の長男。父の経営する材木商秋田屋をつぐ。明治11年秋田に第四十八国立銀行を設立して支配人となる。13年秋田商法会議所初代会頭。31年東京にうつり,鉱山業をいとなんだ。明治45年3月27日死去。72歳。出羽(でわ)雄勝(おがち)郡(秋田県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android