雄勝(読み)おがち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雄勝
おがち

秋田県南東部,湯沢市南西部の旧町域。雄物川上流部にある。県の最南端に位置し,雄勝峠を隔てて山形県に,鬼首峠を隔てて宮城県に接している。 1955年院内町,横堀町の2町と秋ノ宮村が合体して雄勝町が発足。同年小野村を編入。 2005年湯沢市,稲川町,皆瀬村と合体して湯沢市となった。中心集落は横堀。国道 13号線 (羽州街道) と国道 108号線 (鬼首街道) の分岐点で,江戸時代には市場町として発達した。北西部の院内の集落は,慶長 11 (1606) 年の銀山 (→院内銀山 ) の発見によって繁栄し,関所も置かれた。最盛期には,鉱山人口2万を数えた。雄物川と役内川の沖積地では米作が行なわれる。役内川はアユの放流と釣りで有名。山林は広大で,林業も盛ん。南部の役内川上流には,稲住温泉,湯ノ岱温泉,鷹ノ湯温泉などからなる秋ノ宮温泉郷があり,栗駒国定公園の一部をなす。じ状ケイ石および噴泉塔は国の天然記念物。北部の小野は小野小町ゆかりの地と伝えられる。また,院内には国指定史跡の岩井堂洞窟がある。

雄勝
おがつ

宮城県東部,石巻市東部の旧町域。牡鹿半島の北部にある。 1941年十五浜村が改称して町制。 1955年院内町,横堀町の2町および秋ノ宮村と合体。 2005年石巻市,河北町,河南町,桃生町,北上町,牡鹿町の1市5町と合体して石巻市となった。南に雄勝湾,北は追波湾の支湾名振湾に面し,海岸線はリアス海岸をなす。中心地区の雄勝は雄勝湾奥の小漁港。耕地は少なく,沿岸の小集落ではワカメ,ウニ,アワビなどの採取,雄勝湾内ではノリ,カキの養殖が行なわれる。中生層の粘板岩を材料とした雄勝硯 (→雄勝石 ) の生産は全国の硯の大部分を占める。名振湾沖合い 2kmにある八景 (やけい) 島の暖地性植物群落は国の天然記念物で,ユズリハ,モチノキ,タブノキなどの自然林がある。雄勝湾の呉壺浜 (くれつぼはま) は支倉常長がローマに使したときの『陸奥丸』 500tの造船地。女川-雄勝間の県道はリアスブルーラインと呼ばれ,一帯は南三陸金華山国定公園に属する。西部の硯上山一帯は,硯上山万石浦県立自然公園に属している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄勝の関連情報