コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅運吉 すが うんきち

2件 の用語解説(菅運吉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅運吉 すが-うんきち

1817-1877 幕末-明治時代の商人。
文化14年3月生まれ。菅礼治の父。出羽(でわ)雄勝(おがち)郡(秋田県)川井村の肝煎(きもいり)。久保田藩(秋田県)の用達(ようたし)として江戸にでて秋田屋仁左衛門と名のり,材木業をいとなむ。幕府や御三家の用達もつとめ,その財力から幕末の紀文(紀伊国屋(きのくにや)文左衛門)とよばれた。明治10年8月10日死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅運吉

没年:明治10.8.10(1877)
生年:文化14.3(1817)
幕末・明治初期の実業家。出羽国雄勝郡川井村(秋田県雄勝町)生まれ。父太右衛門が同村肝煎で近在の山守を兼務していた関係で,運吉は山林業に頭角を現した。父のあとを継いで肝煎となったが,のちに江戸に出て秋田屋と称して材木商を営んだ。秋田藩の御用達だけでなく幕府や御三家の木材用達にも登用された。維新後の明治4(1871)年末,秋田に戻って旧秋田藩の木山方役所や土崎湊出入役所などの払い下げを受け,能代で木材業を営んだ。晩年には土崎湊の廻漕業などにも手を広げ,子の礼治に引き継がれた。<参考文献>能代木材産業史編集委員会編『能代木材産業史』

(渡辺英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菅運吉の関連キーワード実業家雄勝の柵糸井茂助馬井六左衛門小野寺義道後藤逸菅礼治関喜内高橋正作茂木亀六