コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菅野八郎 かんの はちろう

3件 の用語解説(菅野八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菅野八郎 かんの-はちろう

1810-1888 幕末の民衆運動指導者。
文化7年8月5日生まれ。幕府の海防策を批判したため,安政の大獄にまきこまれ,八丈島に流される。郷里陸奥(むつ)伊達郡(福島県)にかえり,誠信講を組織し,慶応2年(1866)信夫・伊達両郡の世直し一揆を指導。「世直し八老大明神」とよばれた。明治21年1月2日死去。79歳。著作に「菅野実記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

菅野八郎

没年:明治21.1.2(1888)
生年:文化7.8.5(1810.9.3)
幕末の世直し一揆指導者。陸奥国伊達郡金原田村(福島県保原町)の農民。年少より儒学を学び,義心があった。義弟の水戸藩士に送った書翰で攘夷主義を主張したことが幕吏に知られ,安政大獄に巻き込まれ八丈島に流された。元治1(1864)年,赦免されて帰村。農民教化,農村振興のため誠信講を創設・運営した。慶応2(1866)年,生糸蚕種役,高利貸付,伝馬助郷役の宥免を要求した一揆を指導,世直し大明神と農民から尊信された。同年7月捕縛,明治1(1868)年,赦免。金原田村で晩年まで営農した。<参考文献>高橋莞治『金原田八郎伝』

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菅野八郎
かんのはちろう
(1810―1888)

幕末期、世直し騒動の指導者と目された人物。陸奥(むつ)国伊達(だて)郡金原田(かなはらだ)村(福島県伊達市)の村役人の子に生まれる。陽明学を学んだ父の影響で、代官の不正、幕府の海防政策などに強い関心をもち、批判的な行動をとり、水戸藩士などに接近したため、安政の大獄に連座し投獄され、八丈島へ遠島となる。ここで京都の神職梅辻規清(うめつじのりきよ)に学び、帰郷後、権力の不正や圧政に抵抗する組織(誠信講)をつくり、1866年(慶応2)には信夫(しのぶ)・伊達両郡の大世直し騒動の陰の指導者と目されるほど、参加した農民らに思想的影響を与え「世直し八老大明神(はちろうだいみょうじん)」と崇(あが)められた。ただ明治維新以降の生涯はまだつまびらかではない。八郎のおもな著作は『民衆運動の思想』(岩波思想大系)に収められている。[青木美智男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の菅野八郎の言及

【信達騒動】より

…しかし,これは生産農民を圧迫することになったので,1866年6月両郡の農民は蜂起し,統制に荷担した業者宅をはじめ,長州出兵などによる過酷な人馬徴発の軽減,米価引下げなど世直しを求めて,助郷役人宅まで打ちこわして統制撤廃に成功した。この騒動は民衆思想家菅野(かんの)八郎が指導したことで有名である。【青木 美智男】。…

※「菅野八郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

菅野八郎の関連キーワード陸奥国世直し一揆世直し板倉勝尚釜鳴屋平七小島紋次郎佐藤新右衛門下河内村辰蔵布津村代右衛門横尾兵蔵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone