コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊地新学 きくち しんがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊地新学 きくち-しんがく

1832-1915 明治時代の写真師。
天保(てんぽう)3年生まれ。菊地東陽の祖父。出羽(でわ)天童(山形県)の人。江戸で写真術をまなび,明治元年山形初の写真館をひらく。横山松三郎,清水東谷にも師事。9年から山形県令三島通庸(みちつね)の命をうけて都市整備などの山形県下の近代化事業を撮影,日本における土木・建築記録写真の先駆となった。大正4年4月17日死去。84歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

菊地新学

没年:明治15(1882)
生年:天保3(1832)
明治期に山形で活躍した写真師。天童生まれ。明治1(1868)年山形に初の写真館を開いたのち,技量を磨くため明治8年に上京,横山松三郎の下で改めて写真術を学び,同時に清水東谷にも師事した。翌9年から山形県令三島通庸の命を受けて,山形県下の近代化促進事業を画家の高橋由一と共に記録する仕事を始め,約80景の記録写真として県に提出した。モダニストとして知られる三島通庸は,東京政府への報告を菊地の写真と高橋由一の洋風画で行って,自らの先駆性を中央政界に印象づけるのに利用したが,これによって菊地は日本における建築,土木の記録写真の先駆となった。

(平木収)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

菊地新学の関連キーワード菊地 東陽明治時代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android