コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊舎尼 きくしゃに

2件 の用語解説(菊舎尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

菊舎尼 きくしゃに

田上菊舎尼(たがみ-きくしゃに)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菊舎尼
きくしゃに
(1753―1826)

江戸後期の俳人。田上(たがみ)氏。名は道。初号菊車、別号一字庵。長門(ながと)国田耕(たすき)村(山口県下関市)の長府藩士田上由永(よしなが)の長女。同村の村田家に嫁したが、夫の死後出家し、以後半生を俳諧行脚(はいかいあんぎゃ)に過ごした。美濃(みの)派の朝暮園傘狂(さんきょう)に師事し、師の添え書で北陸、信濃(しなの)、奥羽地方を歴訪して、各地の俳人と交流。以後、九州、江戸、京と頻繁に各地を巡歴し、俳諧で一家をなすとともに、かたわら詩歌、書画、琴曲、茶道、香道などの諸芸にも通暁した。交際範囲も武家、公卿(くぎょう)、儒者、禅僧などと広く、長崎では漢人と漢詩の応酬をしたというエピソードがある。編著は『手折菊(たおりぎく)』(1812刊)のほか、二十数部の自筆稿本がある。代表吟は、宇治黄檗山(おうばくさん)を詠んだ「山門を出れば日本ぞ茶摘うた」。[雲英末雄]
『川島つゆ著『女流俳人』(1957・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

菊舎尼の関連キーワード田上菊舎尼しゃがみ込む社人役者に年なしラシャ紙田上直射日光上野さち子さん羽紅(1)田上尼

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone