コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御製 ギョセイ

デジタル大辞泉の解説

ぎょ‐せい【御製】

天皇の作る詩文和歌。古くは他の皇族の作品をもいった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぎょせい【御製】

天皇・皇族の作った詩文や和歌。現在では、特に天皇のものに限って用いられる。御製歌。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の御製の言及

【天皇】より

… この神聖天皇像は,教育勅語と御真影を一体化した臣民教育により,日本人のなかに浸透していくこととなる。そして天皇の意思は,公的なものが勅語として,私的な心情が御製によって吐露された。天皇は,勅語と御製によって,国家の意思を代弁したのであった。…

※「御製」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

御製の関連キーワード東坊城 徳長佐佐木 治綱菊芳 秋調三井 甲之後冷泉天皇房内 幸成後村上天皇雁塔聖教序後奈良天皇田中 光顕須川 信行東坊城徳長後花園天皇後桜町天皇高崎正風宣和画譜大明会典御歌所派宇多天皇北 昤吉

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御製の関連情報