菩提子(読み)ぼだいし

精選版 日本国語大辞典「菩提子」の解説

ぼだいし【菩提子】

〘名〙 (bo di ci の音訳) ヒマラヤ地方のボデ樹の数珠の玉の材料とされた。しばしば、訳名から菩提樹の実と混同される。《
※後撰(951‐953頃)雑三・一二二六・詞書「故女四のみこの後のわざせんとてぼだいしのずずをなん右大臣求め侍とき〈真延〉」 〔校量数珠功徳経〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「菩提子」の解説

ぼだい‐し【×提子】

テンジクボダイジュの実。淡黒色で丸くて香りが強く、数珠を作る。 秋》「―をくれなゐにつなぎけり/青々

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android