コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萎装束 ナエショウゾク

デジタル大辞泉の解説

なえ‐しょうぞく〔‐シヤウゾク〕【萎装束】

なえそうぞく

なえ‐そうぞく〔‐サウゾク〕【萎装束】

糊(のり)を使わずに、柔らかな生地で仕立てた装束。平安末期から行われた強装束(こわそうぞく)に対して従来のものをいう。うちなし。なえしょうぞく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なえしょうぞく【萎装束】

なえそうぞく【萎装束】

こわい布地や糊のりを使わずに、柔らかな仕立てにした公家の装束。鳥羽上皇時代に行われた強装束こわそうぞくに対して従来のものをいった。なえしょうぞく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

萎装束の関連キーワード強装束公家布地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android