コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萱生由章

美術人名辞典の解説

萱生由章

国学者。通称木工允、字は子旧、名は由旧・嵩、号は東海軒・西野・愛州。伊勢鈴鹿郡生。藤堂元甫国典を、冷泉為村に和歌を学ぶ。多田義俊・依田真鎮門人。著書に『伊勢譜』『三国地誌』等がある。安永4年(1775)歿、59才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

萱生由章 かよう-よりふみ

1717-1776* 江戸時代中期の国学者。
享保(きょうほう)2年4月18日生まれ。依田貞鎮(よだ-さだしず)に国学を,冷泉為村(れいぜい-ためむら)に和歌をまなぶ。のち藤堂元甫(げんぽ)に師事し,元甫の「三国地誌」をてつだった。安永4年閏(うるう)12月20日死去。59歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。字(あざな)は子旧。通称は木工。号は東海軒,愛州。歌集に「伊勢賦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

萱生由章 (かようよしあき)

生年月日:1717年4月18日
江戸時代中期の国学者
1775年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

萱生由章の関連キーワード古谷久語生年月日国学者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android