落花狼藉(読み)ラッカロウゼキ

デジタル大辞泉の解説

らっか‐ろうぜき〔ラククワラウゼキ〕【落花××藉】

花がばらばらに散ること。転じて、物が乱雑に散らばっていること。
花を乱暴に散らすこと。転じて、女性や子供に乱暴をはたらくこと。「落花狼藉に及ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

らっかろうぜき【落花狼藉】

〔和漢朗詠集 の「落花狼藉たり風狂じて後、啼鳥竜鐘たり雨の打つ時」による〕
花が地上に散り乱れていること。転じて、物が散り乱れているさまにもいう。
婦女子に乱暴を働くこと。 「 -に及ぶ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

落花狼藉の関連情報