落花狼藉(読み)らっかろうぜき

四字熟語を知る辞典「落花狼藉」の解説

落花狼藉

花が散り乱れること。また、花を散らし乱すこと。転じて、物の散乱しているさまや物を散り乱すさまのたとえ。女性を花にたとえて、女性や子供に乱暴を働くさまにもいう。

[使用例] の上は落狼藉、書きかけの原稿用紙はビショビショに驟雨を浴びたあんばいで[檀一雄*淋しい人|1950]

[解説] 「」も「藉」も乱れるという意味で、「狼藉」は散乱していること、取り散らかしていることをいいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「落花狼藉」の解説

らっか‐ろうぜき〔ラククワラウゼキ〕【落花××藉】

花がばらばらに散ること。転じて、物が乱雑に散らばっていること。
花を乱暴に散らすこと。転じて、女性や子供に乱暴をはたらくこと。「落花狼藉に及ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「落花狼藉」の解説

らっか‐ろうぜき ラククヮラウゼキ【落花狼藉】

〘名〙 花が散り乱れること。また、花を散らし乱すこと。転じて、物の散り乱れるさまや散り乱すさまのたとえ。女性や子供に乱暴を働くさまにもいう。
※和漢朗詠(1018頃)上「落花狼藉たり風狂じて後 啼鳥龍鐘たり雨の打つ時〈大江朝綱〉」
※謡曲・雲林院(1426頃)「あら落花狼藉の人や、そこ退き給へ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android