原稿用紙(読み)げんこうようし

日本大百科全書(ニッポニカ)「原稿用紙」の解説

原稿用紙
げんこうようし

原稿を記入するためのます目のある紙で、日本のほか、中国、韓国など東アジアの漢字圏の社会で使われている。1行20字詰め10行で総字数200字のもの(「ペラ」ともよぶ)と、20字詰め20行で400字のものが一般的である。出版社で作製する用紙は、用途にあわせて字詰めを変え、挿入する図版、写真などの指定を書き込むための余白を上欄あるいは下欄にとり、用紙の左下隅に20×10、20×20などと印刷して総字数を表し、用紙右端に5、10、15、20と数字を挿入して字数計算に資するなど、レイアウト、原稿整理の便宜を配慮し、さらに自社名が印刷してある。個人用は、ペンネームを刷り、紙質、ます目の大きさ、色、ルビ(振り仮名)用行間をとらぬものなど、各人の趣味、用途によって雑多である。新聞のニュース用原稿用紙は版も小型で、新聞の字詰めにあわせたものが普通である。来歴には諸説あるが、現在使用されている400字詰め原稿用紙の型を使用したものとしてもっとも古いものは、『日本外史』を書いた頼山陽(らいさんよう)のつくらせた赤線罫(けい)の用紙である。幕末から明治にかけての文士、漢学者らは、板木に原稿用紙向けの版を彫り、自ら印刷して利用していた。なお欧米にも、ます目ではないが原稿用の用紙はあった。

[鈴木 均・田村紀雄]

『串田孫一著『文房具52話』(1996・時事通信社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉「原稿用紙」の解説

げんこう‐ようし〔ゲンカウ‐〕【原稿用紙】

原稿を書くための用紙。ふつう枡(ます)目が印刷されており、200字詰め・400字詰めなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「原稿用紙」の解説

げんこう‐ようし ゲンカウ‥【原稿用紙】

〘名〙 原稿を書くのに便利なように罫(けい)を引いた紙。一行二〇字で、二〇行書けるようになっている四百字詰めのものが現在最もふつうに使われる。原稿紙。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「吾輩の傍へ筆硯と原稿用紙を並べて腹這になって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「原稿用紙」の解説

げんこうようし【原稿用紙】

一般に原稿を書くために用いる罫線(けいせん)を引いてある紙。その歴史は印刷の歴史と重なると考えられるが,由来は不確かである。現存で古いものとしては,江戸時代中期の考証学者,藤井貞幹の《好古日録》の稿本(18世紀末)があり,片面20字10行で,字を書く部分が茶色の部分が白く抜かれている。随筆家,成島柳北漢詩草稿は15字12行で,和紙に木版刷りであった。《高橋是清自伝》によると,1872年(明治5)には,大蔵省で〈ペラ〉(20字10行の原稿用紙)が使われており,20字20行のものもあったらしい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android