コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落(ち)間 オチマ

デジタル大辞泉の解説

おち‐ま【落(ち)間】

他の部屋よりも床が一段低い部屋。おちくぼ。
「長四畳の―にでも、肩身の狭い日々をくすぶっているとしたら」〈嘉村・秋立つまで〉
京阪地方の歌舞伎劇場で、平土間のこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

落(ち)間の関連キーワードパプア・ニューギニア水論(すいろん)山論(さんろん)ソロモン諸島民マルケサス諸島飛島(山形県)ツォツィル族サンタール族田野畑[村]瀬戸内[町]岩田伊左衛門イゴロット島根(県)集落地理学山王海ダム高地性集落歌舞伎劇場百姓申状ランゴ族カヤン族

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android