コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉かび病(スィートバーナルグラス)

飼料作物病害図鑑の解説

葉かび病(スィートバーナルグラス)

斑点性の糸状菌病。病斑は初め濃褐色の小斑点で、やがて長径1-3mm、短径0.5-1mmの楕円形病斑となる。病斑が多数生じると相互に融合し、葉を枯らし、表面にネズミ色のかびを密生する。激発時には穂も枯れる。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

葉かび病(スィートバーナルグラス)の関連キーワードブラストサイジンSカスガマイシン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android