コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉室顕頼 はむろ あきより

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葉室顕頼 はむろ-あきより

1094-1148 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
嘉保(かほう)元年生まれ。葉室(藤原)顕隆の長男。母は藤原悦子。丹後,丹波などの国守,蔵人頭(くろうどのとう)をへて,天承元年(1131)参議。ついで権(ごんの)中納言にすすみ,民部卿,正二位にいたる。鳥羽(とば)上皇の腹心として権勢をふるった。九条民部卿とよばれる。久安4年1月5日死去。55歳。日記に「九民記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の葉室顕頼の言及

【藤原顕頼】より

…平安後期の公卿。葉室家の祖権中納言顕隆の長男。母は鳥羽天皇の乳母典侍悦子。1107年(嘉承2)鳥羽天皇の践祚(せんそ)後まもなく蔵人に補されて以来,天皇に近侍し,左衛門権佐,右中弁,蔵人頭などを歴任し,31年(天承1)参議に昇り,さらに権中納言に進んだが,41年(永治1)これを辞し,民部卿に任ぜられた。しかしその後も重要な政務に参議し,諮問にあずかったので〈君の腹心〉と称され,内外の権を執って勢威をふるったと評された。…

※「葉室顕頼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

葉室顕頼の関連キーワード藤原顕頼藤原顕頼マラキ嘉保高齢運転者等専用駐車区間玖馬三千院周期表隆寛安倍泰親