コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛城彦一 かつらぎ ひこいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛城彦一 かつらぎ-ひこいち

1818-1880 幕末の武士。
文政元年11月5日生まれ。大隅(おおすみ)(鹿児島県)加治木の郷士。島津家の家督相続の内紛では斉彬(なりあきら)を推して久光に対抗したが,脱藩して筑前(ちくぜん)にのがれた。文久3年(1863)ゆるされて帰藩。加治木島津家から近衛家に嫁した貞姫の付け人として近衛家につかえた。明治13年1月23日死去。63歳。本姓は竹内。名は経成,重任。通称は伴右衛門。変名は内藤助右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

葛城彦一 (かつらぎひこいち)

生年月日:1818年11月5日
江戸時代末期;明治時代の志士
1880年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

葛城彦一の関連キーワード明治時代生年月日

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android