コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

董康 とう こう

2件 の用語解説(董康の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

董康 とう-こう

1867-1947 中国の法律家,政治家。
同治6年生まれ。辛亥(しんがい)革命後日本に留学。帰国後,北京大理院院長,修訂法律館総裁,司法総長などをつとめる。日中戦争開始後は王克敏(おう-こくびん)の中華民国臨時政府(1937)や,汪兆銘(おう-ちょうめい)の南京国民政府(1940)に参加した。享年81歳。江蘇省出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とうこう【董康 Dŏng Kāng】

1867‐?
中国,清末および民国の法律家,政治家。字は綬金。江蘇省武進県の人。辛亥革命後,日本に留学し,帰国したのち北京大理院院長,修訂法律館総裁,司法総長などを歴任。国民政府樹立後は東呉大学などの教授をつとめていたが,1937年日中戦争開始後の王克敏による中華民国臨時政府,40年の汪兆銘による新国民政府などの樹立に参加した。薛允升(せついんしよう)(1820‐1901),沈家本(しんかほん)の継承者として東西法学を摂取し,その融合につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

董康の関連キーワード于右任王寵恵胡漢民ローエイシア商務印書館法律家民国律家林紓太史

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone