コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

董康 とう こう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

董康 とう-こう

1867-1947 中国の法律家,政治家。
同治6年生まれ。辛亥(しんがい)革命後日本に留学。帰国後,北京大理院院長,修訂法律館総裁,司法総長などをつとめる。日中戦争開始後は王克敏(おう-こくびん)の中華民国臨時政府(1937)や,汪兆銘(おう-ちょうめい)の南京国民政府(1940)に参加した。享年81歳。江蘇省出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とうこう【董康 Dŏng Kāng】

1867‐?
中国,清末および民国の法律家,政治家。字は綬金。江蘇省武進県の人。辛亥革命後,日本に留学し,帰国したのち北京大理院院長,修訂法律館総裁,司法総長などを歴任。国民政府樹立後は東呉大学などの教授をつとめていたが,1937年日中戦争開始後の王克敏による中華民国臨時政府,40年の汪兆銘による新国民政府などの樹立に参加した。薛允升(せついんしよう)(1820‐1901),沈家本(しんかほん)の継承者として東西法学を摂取し,その融合につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

董康の関連キーワードカザン(Elia Kazan)新藤兼人ルボンイギリス領北アメリカ条例ルコック探偵イーグルスカシミールジュネ日本史2025年問題