コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南京国民政府 ナンキンコクミンセイフ

3件 の用語解説(南京国民政府の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ナンキン‐こくみんせいふ【南京国民政府】

1927年4月、国民党右派の蒋介石が反共クーデターによって南京に樹立した政府。広東を拠点とする国民革命政府が、北伐を通して勢力を拡大したもので、同年8月、国民党左派の武漢政府を吸収して、列国の承認を受け、中華民国の正式な中央政府となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

南京国民政府【ナンキンこくみんせいふ】

中国で中華民国時代,中国国民党によって組織された国民政府のうち,南京に政府がおかれた時期(1927年―1937年)をいう。第1次国共合作のもとで1926年国民政府は北伐を開始するが,その過程で政府を武漢(湖北省)にするか南昌(江西省)にするかで対立し,汪兆銘を中心とする国民党左派と共産党は,蒋介石の反対をおしきって武漢政府を樹立した(1927年2月)。
→関連項目冀東防共自治政府上海事変中国国民政府北洋軍閥

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ナンキンこくみんせいふ【南京国民政府】

1927年、北伐途上の蔣介石が国民党反共右派を結集し、4月12日の反共クーデターによって南京に樹立した政府。西安事件を経て共産党と抗日民族統一戦線を結成したが、第二次大戦後、共産党との内戦に敗れて49年台湾に移った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南京国民政府の関連キーワード国民政府五権憲法国共合作中華革命党五色旗民国立法院台湾と国連92年コンセンサス清水董三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南京国民政府の関連情報