南京国民政府(読み)ナンキンコクミンセイフ

デジタル大辞泉の解説

ナンキン‐こくみんせいふ【南京国民政府】

1927年4月、国民党右派の蒋介石が反共クーデターによって南京に樹立した政府。広東を拠点とする国民革命政府が、北伐を通して勢力を拡大したもので、同年8月、国民党左派の武漢政府を吸収して、列国の承認を受け、中華民国の正式な中央政府となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

南京国民政府【ナンキンこくみんせいふ】

中国で中華民国時代,中国国民党によって組織された国民政府のうち,南京に政府がおかれた時期(1927年―1937年)をいう。第1次国共合作のもとで1926年国民政府は北伐を開始するが,その過程で政府を武漢(湖北省)にするか南昌(江西省)にするかで対立し,汪兆銘を中心とする国民党左派と共産党は,蒋介石の反対をおしきって武漢政府を樹立した(1927年2月)。蒋介石は1927年,四・一二クーデタを起こして南京国民政府を建て,共産党を弾圧し,一方,武漢政府内でも国民党左派と共産党の対立が鮮明化して,7月には共産党が政府から締め出され,第1次国共合作は崩壊した。同年9月には武漢政府も南京に合流し,南京政府では蒋介石が主席となり,浙江財閥と結んで米・英・国際連盟に接近し,共産党軍の討伐,軍閥の整理,幣制改革などに着手した。日本の東北進出が強化されると(1931年満州事変など),これを国際連盟に提訴したが,かえって日本の華北進出を招いて国民の支持を失い,1936年の西安事件を経て第2次国共合作に合意させられた。1937年,国民政府は南京から重慶に移り,さらに昆明など転々としたが,第2次大戦後,一時南京に戻ったものの,国共内戦に敗れた1949年台湾に移った。
→関連項目冀東防共自治政府上海事変中国国民政府北洋軍閥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ナンキンこくみんせいふ【南京国民政府】

1927年、北伐途上の蔣介石が国民党反共右派を結集し、4月12日の反共クーデターによって南京に樹立した政府。西安事件を経て共産党と抗日民族統一戦線を結成したが、第二次大戦後、共産党との内戦に敗れて49年台湾に移った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android