コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王克敏 おうこくびん Wang Guo-min

5件 の用語解説(王克敏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王克敏
おうこくびん
Wang Guo-min

[生]同治12(1873).浙江
[没]1945.12.25.
中国の政治家。字は叔魯。中華民国の初期,軍閥政権に密着し,中国銀行総裁を経て王士珍内閣 (1917~18) では財政総長。北伐のとき大連に逃亡し,1932年国民政府東北政務委員,37年華北の日本傀儡 (かいらい) 政権「中華民国臨時政府」行政委員長,43年華北政務委員会委員長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

王克敏【おうこくびん】

中国の政治家。浙江省杭県(現,余杭)生れ。辛亥革命(1911年)後,直隷派軍閥政権下で要職を歴任。1927年国民政府から反徒として逮捕令が出されると,張作霖の奉天派に投じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

王克敏 おう-こくびん

1873-1945 中国の政治家。
同治12年生まれ。明治33年来日し,清(しん)(中国)の留学生監督,公使館参賛を歴任。中華民国成立後,中国銀行総裁,財政総長となる。1937年中華民国臨時政府(日本の華北傀儡(かいらい)政権)初代行政委員長。戦後,対日協力者として逮捕され,1945年12月25日獄死。73歳。浙江省出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おうこくびん【王克敏 Wáng Kè mǐn】

1873‐1945
中国の政治家。浙江省杭県(現,余杭)に生まれる。1900年来日,清国留学生監督,公使館参賛を歴任,帰国後は外交事務をつかさどる。辛亥革命後直隷派軍閥政府の下で中国銀行総裁,財政総長などの要職につく。1927年国民政府から反徒として逮捕令を発せられ,大連に逃れ奉天派に投じ,31年張学良の下で北平財政整理委員会副委員長となる。その後東北政務委員会,北平政務整理委員会,冀察(きさつ)政務委員会の各委員を歴任し,対日交渉では妥協政策をとる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王克敏
おうこくびん
(1873―1945)

中華民国の政治家。字(あざな)は叔魯(しゅくろ)。浙江(せっこう)省杭県の人。1900年渡日後、清(しん)国留学生監督、駐日公使館参賛を歴任。07年帰国し、外交面の仕事に従事したが、13年中法実業銀行の重役となり、17年王士珍内閣の財政総長、中国銀行総裁に就任し、以後直隷(ちょくれい)派政府の財政面の要職を歴任した。27年国民政府より反徒として逮捕令が出され、大連に逃れて奉天派に投じた。32年東北政務委員、34年北平政務委員、35年冀察(きさつ)政務委員を歴任。37年日中戦争勃発(ぼっぱつ)後、華北の傀儡(かいらい)政権、中華民国臨時政府の行政委員長に就任。43年中華民国政府(南京(ナンキン))の華北政務委員会委員長となった。45年12月戦犯として逮捕され、北平(北京(ペキン))の獄中で病死した。[石島紀之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

王克敏の関連キーワード汪大燮金堡蒋経国章炳麟浙江省陳立夫馬叙倫高宗武古越磁張人傑

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone