蒔田定正(読み)まいた さだまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「蒔田定正」の解説

蒔田定正 まいた-さだまさ

1591-1641* 江戸時代前期の大名
天正(てんしょう)19年生まれ。備中(びっちゅう)(岡山県)浅尾藩主蒔田広定(ひろさだ)の長男。父とともに大坂の陣に従軍。寛永13年家督をつぎ,弟長広(ながひろ)に3000石を分与し,8310石の旗本となる。因幡(いなば)鳥取藩国目付をつとめた。寛永17年12月29日死去。50歳。初名は成定(なりさだ)。通称久太郎

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android