蒲生忠郷(読み)がもう たださと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒲生忠郷 がもう-たださと

1603-1627 江戸時代前期の大名。
慶長8年生まれ。蒲生秀行の長男。母は徳川家康の3女振姫。慶長17年10歳で陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩主となる。若年のため家中を統率できないまま,寛永4年1月4日25歳で死去。跡継ぎがなく,会津60万石は幕府に没収された。かわりに弟の忠知に伊予松山20万石と近江(おうみ)(滋賀県)日野4万石の合計24万石があたえられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android